にきび肌の洗顔方法

顔を洗う時にお肌のにきびを悪化させない方法は何でしょう。

にきびができやすい体質の人は、特に普段から肌ケアに気を配る必要があります。

適切な顔の洗い方を実践することは、にきび予防にも欠かせません。

適切な洗顔で、顔の汚れを落として清潔な状態を維持しましょう。

肌にこびりついている皮脂汚れを除去することで、毛穴の目詰まりもなくなります。

皮脂の分泌が多い脂性肌の人ほど、こまめに顔を洗ってするにもかかわらずにきびが多いことがあります。

洗顔の頻度が高すぎると、肌の調子を整えるために必要な脂質もなくなって、肌の水分不足の原因になります。

にきび肌の洗顔方法

肌に必要な油脂が失われると肌が乾燥し、外部からの刺激に弱くなってにきびが悪化する恐れがあります。

洗顔は朝晩だけに留めましょう。

洗顔の仕方はにきび肌に限らず、常によく泡立ててから顔に乗せしっかりとすすぐことが大前提です。

特ににきび肌の人はすすぎが甘く、肌に石鹸が残ると、そこから炎症を起こしやすくなるので、十分にすすぎきることが大切です。

水の温度は、ややぬるめの湯を使って顔を洗うようにしてください。

すすぎは流水で、常にきれいな水が肌に触れるように心がけながら洗うことで、にきびを雑菌から守ることができます。

近年では、にきびのあるお肌にも使える専用の洗顔料や、にきび予防の成分を配合した洗顔料なども販売されています。

記事メニュー

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 更新:2017/10/14
FXをお探しなら